借入れ利息のアドオン方式と実質年率方式

「アドオン方式」は、よくある「実質年率」方式とは異なる計算方法を用いる利息の計算方法です。表示上の金利の数字が低いことや、利息が算出しやすいことから普及したものが「アドオン方式」で、アメリカから日本に入ってきました。利率表示に「実質年率」が義務づけられている現在、消費者金融の場では「アドオン方式」での計算はほとんど採用されていません。「実質年率」がその時々の借り入れ元金から計算することに対し、「アドオン方式」は最初の借入金額から計算をします。例えば、100万円をアドオン率20%で融資を受けた際、100万円の20%である20万円が利息となります。何回かに分割して返済するならば、返済総額を返済回数で割るだけです。12回払いならぱ10万円です。借入れ利息の「アドオン方式」は計算が簡単でわかりやすいのが特徴です。例えば、同じ条件で「アドオン方式」ではなく「実質年率」で計算する場合、1年後の返済総額は111万円です。「アドオン方式」と「実質年率」方式では、同じ20%表示でも返済額が全然違ってしまうのです。最初の借入金に対して利息をつけるか、返済が進むにつれ利息をつける元金の額を小さく見積もるかの違いです。実質年利方式は「アドオン方式」より表示される利率が高くなるので、ぱっと見た時は「アドオン方式」の方が得するように感じるかもしれません。「アドオン方式」の利率表示は「実質年率」より小さく表示されます。見かけの金利に振り回されないようにしましょう。
浮気調査の依頼は原一(ハライチ)探偵事務所で安心に確実に